プロフィール

Author:TO|||O

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
キャラクターシート創りと平行して原画作業も進んでいた。
3Dの関係上(艦橋内は全て3D)、3D打出しを待っての作業であったため、、初めの2、3ヶ月は原画作業が遅れ気味となっていた。
最初、西崎さんに「総作監は大変だから、作監を3人つける」と言われ、私は作業が2重、3重になることを嫌い、一人で頑張ることで解決すると思い「私はひとりでも大丈夫です。」と言った話は以前にもしたのだが、事態がそのように動いていくことになってしまう。


総作画監督の仕事も動き始めて来た頃、全体的な作画の上りの悪さに不安を感じていたのか、焦りがあったのか、突然「作画監督の原画はそのまま動画に出せ!」と言い出した。
(作画監督も原画を担当していたので。)
驚いたのは、その場にいたスタッフで、単に数十カットなのだが、不安なスタッフはそのカットが動画出しされるまでの時間に「湖川さんお願い!出す前に手を入れて!」の声。
出来るものはチェックを終わらせた。
しかし、1日、2日程度でのチェック量は知れたものだった。
(後々、直しを入れてあります。念の為。)


その後、現場が多少なりとも流れが出来てきた矢先に、次の発言。
「作画監督にチェックでまわっていく時間が無駄だ!直接、総作画監督にまわせ!」と。
それ以降、私が総作画監督と作画監督の兼任作業となった。
「宇宙戦艦ヤマト復活篇」は、A.B.C.D.Eパートに仕分けをされていた。
私はこの発言をAパートのみのことと捉えていたのだが、誰の意見もなく、私はその形で耽々と仕事をこなしていた為、Aパートオンリーではなく、最後までこの形が続くことになった。
作画監督は担当原画を上げる作業のみとなる。

「ヤマト」の場合だからなのか、エンディングタイトルがそれ程正確なものにはなっていないのは、こう言った原因と思える。
「さらば宇宙戦艦ヤマト」でも、私はエンディングタイトルを見て初めて知ったことがある。
私の補佐で作画監督として数名、名を連ねていたからだ。
作画打ち合わせでも紹介もされていない事実と、作画監督の修正の入った原画も見たことのない事実。
ともあれ、「ヤマト」の現場は我の外で動いていた気がするし、私は第三艦橋にしがみついていただけかも知れない。


良し悪しは別として、当初、私が考えていた状況になった。
なってしまったと言った方が現実だろうか。

アマールの女王イリヤの話もしておこう。
第一稿ラフデザインのままにOKとなり、作業が進んでいたイリヤとパスカルだが、例によって「イリヤはイラン人で、参考の写真もある」とネット上にあるイラン人の写真を渡された。
またか…と思いながらも、それを元にデザインを終え、イリヤ、パスカル共にOKを貰い、私のこだわりから色チェックまでして、色相修正もしていた。

しばらくして、色チェックの時「このキャラは、まだ見てないのに、何故色がついてるんだ!」と西崎さん。
「いえいえ、西崎さんのOK出てないものは、色を入れません」と制作。
「今のイランの女王にしろ!」と。
当然だが、イランに王制はなく、はるか昔の資料を紐解くことになり、結局、デザインからやり直すことになってしまった。
冠にドレス等、過去のデザインのままとはいかないので、私風にアレンジをした。
顔は、再デザインとは言われてもいないので、それ等に合うよう、私の勝手な顔を添えておいた。

ところが、チェックを受けた時、「その顔がいいな」と。
また、今までの作業が全て無駄になった。
再度、デザインをし直し、色も最終的に私が修正したものにOKが出た(イリヤに関しては3度目のOKである)。
現在のイリヤ女王である。

それでも総作画監督作業は続いていく。


小林、その他のキャラクターの変化は、おそまきながらの報告書9に描きましょう。

| ホーム |


 ホーム  »次のページ