プロフィール

TO|||O

Author:TO|||O

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
昨年の夏過ぎ頃に依頼された仕事。
アニメの世界に入って初めてになるパチンコ第一号。
秘密保持がある為内容は語れないのだが、漫画をパチンコ機で出すとのこと。
タイトルは、かなりの知名度のあるもの。
公表OKになれば載せましょう。

システム
クライアント-デザイン会社-アニメ制作会社-私


2月に入り、3体のラフデザインを渡す。
クライアント、デザイン会社からのOKが出る。

  のだが…。
アニメーションを創る時、やはり、出て来てしまう漫画世界の問題点。
私としては漫画のファンの為(パチンコはタイトルのファンが観に行くものではないことも承知している)も考え、漫画のキャラクターそのもので描こうとしていた。
デザイン会社も当初、そのつもりだった。

今までにパチンコの作画(全て見ている訳ではない)で、アニメでも漫画でも、良い出来のものを見たことがなかった。
「さらば宇宙戦艦ヤマト」のパチンコも昨年、復活篇の作業時期に出たので、あまりパチンコをやらないのだが、弟子を連れてやってみた。
3Dはヤマトにしても海にしても、もろもろ感じ入ったところがあった。
結構、力が入っていた。
ただし、キャラクターの作画に至っては、哀しい限りであった。
その後、制作を担当した人間と話し、「さらばは、オレの作画なのに何故、連絡しない?」と聞いたところ、「湖川さんがどこにいるか分からなかった」と。
パチンコであっても作品は大切にして欲しいものだ。
西崎さんだって、オレに電話をくれた第一声は「探したよーっ!」と言ってくれているのに、と思う。
アニメーターなら誰でも描けるなどとの思い込みがあるなら、制作など、あって無きもの。
創作において、大切なのはスタッフなのだから!

その後、デザイン会社、制作会社、演出、私と、4者会議が行われた。
基本は原作を基本に、と言うことなのだが、顔が皆違うこと、顔の中心線がズレていること、足が長過ぎること、身体全体のバランスの悪さ等々。
もちろん、私が見てバランス的に良く描けているものもあるのだが、最良のものを創りたい思いからの疑問のようであった。
11体登場するので、それぞれの立ちポーズを欲しいとの事で、まずそれのラフを作成する。
私としては、らしく仕上げたつもりなのだが、やはり表情(表情集ではないのだが)とか、バランスが不安と言って来た。
3段階経て私の元へ意見が来てる為、どうも納得材量の理解が別のところにあるとみた。

3月11日、デザイン会社のプロデューサーと直接、話をすることにした。
結果、主役の1人の男キャラの表情集ラフを渡すことに。

3月12日、私の事務所のある駅にて、ラフを渡す。
漫画のイメージを壊さず、私のバランスも入れた、不思議な表情集である。
その足でクライアントへ行くとのこと。
クライアントのOKが出たと、直ぐさま連絡がきた。
何だか、あまりの嬉しさに、クライアントを出て、すぐに連絡したのだとか。
続いて、他の表情も作成することに。

現在作業中。
3月17日に渡す予定。

| ホーム |


 ホーム  »次のページ