プロフィール

TO|||O

Author:TO|||O

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
「宇宙戦艦ヤマト復活篇」が公開されてから、今日で10日目。
送り手側、受け手側共に、様々な思いを感じている時期でしょうか?
私も各種の声や、反応を耳にしています。


アニメーションは観る人達に楽しんで貰えることが最高の目的である中、送り手側にあまりある趣味世界が存在した場合、その感動に冷えが点・点と現れることになる。
まるで心理世界への扉を開け放したときのように。

私としても伝えるべき事、伝えたい事が多くある。
しかし、作品が公開された以上、そのことが結果であり、送り手の望みの結果であることも充分に理解している。
事実がどうであろうが、作品の真実は出来上がったフィルムの中にのみある。
その意味では、総作画監督の持つビジュアルの責任は、良し悪しに関わらず全て私にある。

それとは別に考えると、反省も心地良さも数ある中、今では意味を持つか否かの事実も語ることで観る目が変われば、それも一つの作品かと思う。


休み期間であった「おそまきながらの報告書」を来週から開始します。
興味のある方は、お読みいただければ幸いです。

<< ある日々のTO|||O 12月25日 | ホーム | ある日々のTO|||O 12月12日 >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: cosmotigher002号機様

コメントありがとう!

10回は現在トップのような気もします。
私もあの人がどこまでの関わり方をしているかは分かりませんが、ブラックホールを考えたとは聞いています。
アイディアとしての持って行き方も不明です。

貴方の意見はとても的確と思います。
私も、現場のスタッフも同じような思いを持ち、辛い作業になっていたし、周囲もそうだと感じていました。

私としては、最終的にシート起こしをした自分のキャラクターではあるのですが、色んな意味で困惑していた部分が多々あります。
しかし、どんな状況の中でも、フィルムが完成してしまった今、フィルムはウソをつかないという意味において、それが今回の答えと認識しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ブチハイエナ様

コメントありがとう!

観に行った回数がすごいですね!

スタッフロールラストですよね。
第一部完だと第二部が…ですね。

No title

はじめまして。
復活篇、五回観ました。また明日行きます。
古代さん、かっこいいです、セリフ回しもいいですね。
続編観たいです。
正直、??の部分はありますが、応援します。
年明けもバリバリヤマトを観に行きますよ。
続編に繋がります様に。

Re: S条様

コメントありがとう!

私も、もし縁があれば、もっとおもしろい作品をと思っています。

Re: ナナシー様

コメントありがとう!

はい、「おそまきながらの報告書」は来週から継続開始します。
お楽しみに!

Re: まるひょう様

コメントありがとう!

すまない!「ショウ・ザマ」ではなかったな。
また、何かの時に考えましょう。

Re: ヤマトファン様

コメントありがとう!

賛否両論は承知!
「銀河鉄道999」でもそうだったように、「ダンバイン」にあってもそうだと思っているし、感じている。
その時、その時の環境で仕事を創り上げていくのがプロの証明。
もちろん、何度も言うことですが、機会が出来上がれば、より以上の作品創りを目指す心構えは当然と認識しています。

No title

ちょっと間を置いてしまいましたら
なにやらサプライズが・・・!!

たのしみにしております

あと自分も続編の続投を熱望します。

楽しみです

私も2回観ましたが、あと1回は必ず行きます!
2回目でほう?と気づくことも多かったです。
さて、先生なりのフェアプレイだと思うのですが
鑑賞後のネタばらし楽しみにしております。

ダンバイン?

こんにちは。
「ダンバインの誰か」?
まちどおしくてたまりません。
湖川先生の作品では「イデオン」「ダンバイン」が双璧に好きなので。

男らしい「ショウ・ザマ」に期待しますが!
ダンバインのリメイクがあれが最高です。

ところで復活篇ですが、来年早々に2回目にいく予定です。
見落としているシーンがたくさんある気がします。
あと数回は行くことになるかと思っています。
続編があれば(あると思いますが)もちろん担当して下さい。

No title

続編で、責任をはたしてくれ!
今回、正直キャラクター批判多く、残念。
しかし、慢心もあったのでは?
何も無い状態なら、ダンバインのように、受けいられたと思う。
しかし、既存のキャラクターせっていがあったのだから、もう少し、配慮するべき。
観客は、湖川をみたいのではなく、38歳の古代の成長、真田の指揮官としての成長など、香あってほしいという願いがあったと思う。
今回ノキャラは、湖川のキャラであって、まったく別の人と受け止められたのではないかと思う。
たとえば、戦闘服も、タイツみたいで、服のリアリティがなくなり、制作の都合上のいわゆる色塗り簡単みたいな適当さを感じました。
あと、松本をほめるわけではないが、キャラクターの個性が無かったと思います。
上条など、もっとかっこよくというより、目が若さで輝いているような感じがだせなかったのかと。
批判ではなく、このままで終わらないでほしい。
ヤマトがすきだから。

Re: ガンダム親父様

コメントありがとう!

私もTVシリーズ「ヤマト」から好きな作品ではありました。
指摘された部分以外でも、シナリオ、絵コンテ、演出、デザイン、作画等々、完成するまでに紆余曲折だらけと言っても過言ではない程の動きがあったことも事実です。
“「ヤマト」はアニメ作品で何をすべきなのか”が大問題だった感はあります。

もし続篇等の現実があり、私に依頼があれば、今回の作画不満は解消するべく立ち向かう所存はありますよ!
その意味では自分の世界観作品も同様です。


お知らせ
弟子の希望で25日にクリスマス用に「ダンバイン」の誰か?が登場の予定!

Re: 沖田の子供たち214様

コメントありがとう!

御意見ありがとうございます。
何を行動する時においても、周囲の事情はさまざまなものです。
自分の作業の為の眼が濁らないことが、先ずは大切と思っています。
結果は結果ですので、過去に戻ることなく前進をしていきます。

「おそまきながらの報告書」も楽しんでください。

Re: たま様

コメントありがとう!

たまさんも3回ですか!嬉しいですね!
古代の親子関係に触れるストーリーは「ヤマト」には観られなかった気がします。
確かに、私の中でも不備は山のようにありますが、今後の為として心に刻んでいますし、
より、楽しい作品を創り続ける気持ちです。

Re: やや矢野屋様

コメントありがとう!

既に3回ですか!すごいですね!
細かい部分まで観ていただいて嬉しいです。

私は、いまだ完成品を観ていません。
と言うよりも、ビジュアルチェックで何度も部分的には目にしてはいるものの、試写も何度か行われたのですが、時間がとれず現在。

年末に家族で行く予定です!!

おそまきながら観てきました

湖川さま、初めまして。

今回のヤマトについては湖川さま本来の作画が堪能できると
それだけを楽しみに映画館へ足を運びました。

実は第1作でヤマト世界のとりこになり、さらば~では湖川さまの
あおり絵にもとりこになって、その後完結編まで見続けましたが
あまりにご都合主義のストーリーで逆にアレルギーになってしまっていました。

今回も湖川さまが作画監督をされていなかったら劇場まで足を運ぶ事はなかったと思います。

ダンバインあたりから25年以上経っているにもかかわらず
相変わらずの湖川ワールド全開で感無量でしたが、人間というのは
贅沢なもので演出や脚本に不満を感じたのも事実です。

現状を見ていますと厳しい事だとは思うのですが
何とか続編を製作して頂いき、その不満を吹き飛ばして下さい!

「おそまきながらの報告書」楽しみにしております

色々な制限や条件ある中、総作画監督として最大限素晴らしい仕事をして頂いたと自分は思います。

興行成績は大切な要因ですが、作品の評価はそれだけでは無いことをハイジに苦労したヤマトTVシリーズ1作目が証明しています。
気長に応援したいと思います。

今週末には試写会、初日に続いて復活篇を観に行きたいと思っています。
又、「おそまきながらの報告書」楽しみにしております。




やっぱりヤマトは最高!

湖川さん、はじめまして。

私も劇場で既に3回ほど楽しませていただきました。完結編を見たのが10歳の時で今36歳。今回の古代には歳が近いだけに感情移入度が高かったです。美雪に冷たくされるところなんか切なくて切なくて(笑)

それはそれとしてやっぱりヤマトは楽しいですね。スカッとします。ましてや劇場の大スクリーンなら尚更。正直「惜しいな~」と思う部分も所々あったりはするのですが・・・。パンフに書いてあった加藤の制服を小林に渡すくだりは見たかったですね。残念です。それと1回目の視聴では気が付かなかったのですが真田さんの後任である木下の出番がさっぱりですね(笑) 第2部では活躍させて欲しいものです。

これからもスタッフ、ファン共々ヤマトを盛り上げていきましょう!
本当に楽しい作品を作っていただきありがとうございました。

復活篇、拝見いたしました

既に三回劇場に足を運び、スクリーンで堪能させていただきました。
人物の芝居にしても戦闘シーンにしても、大画面で鑑賞してこそ100%楽しめる映像であると思います。
インタビューで仰っていた日常芝居、頷きや立ち居振る舞い、まばたきのような細かい動きに至るまで、「映像に反映された人物の心理」は、まさに私が「さらば」で心を揺さぶられた要素でした。
今週にもう一回、年が明けてからもまた観にいきたいと思います。
ヤマトの復活を見せてくださったスタッフの皆さまに感謝申し上げます!

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム