プロフィール

TO|||O

Author:TO|||O

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
長らく休みの中にあった報告書、現在「宇宙戦艦ヤマト復活篇」公開後、2週間以上経過して、私の思いが冷めぬ内に継続する。


私のオリジナルに非ズ!

からスタートさせて欲しい。
つまり、私の中には私のヤマトがあり、いや、眠っていたと言った方が正解だろう。
昔の話になるが、TVシリーズが終わり、雑誌のコメントで、その監督が「再び「ヤマト」をやるとしたら、現在のメンバーでやりたい」と語っていた。
当時は「何言ってんだ!オレがいるだろう!オレを除くとソンをするぞ!」などと、若い私が吼えていた。

実は彼とはその前に「日本昔絵巻」だったかな…。
仕事をしていた。小国一和のペンネームでね。
縁とは不思議ナリ。とはよく言ったものと思う。
その彼と「さらば宇宙戦艦ヤマト」をメインで一緒出来たのだから。
彼曰く「あれっ?小国さんじゃないの?」と!!

不思議さで言うなら、彼と同じ世界を共有するのに、長い、いや、普通の時間も不要とされた。
感覚の世界を無視していない人間も多々いるのだよね、世界は!
その気分も大きく含めて、ある意味で私は「ヤマト」を愛すべき一人になっていたのだろうね、きっと!


「宇宙戦艦ヤマト復活篇」で私のキャラを要望されて、私の中の葛藤もある。
あまりにも強い松本(松本零士)さんのキャラのイメージ!
何せ14、15年の歴史というべきものがあるのだからね。
しかし、完結篇後、17年のブランクがあり、キャラクター達がイメージの中で勝手に動き始めているともとれる現在。
復活篇のメンバーは殆んどが新キャラでもあるし、シナリオを読む以上、過去の「ヤマト」にある激しいアクションなりセリフがあまり多くない事。

私の中にある「ヤマト」のイメージが内容にあったキャラの選択を決定した。

多少リアリティを出してはいるが、根本的なイメージを脱しているつもりもない。
サンライズ作品以降も、かなりのキャラクターデザインの依頼があり、私の世界観もかなり変わったと自分でも感ずるほど。
今の私の個性観でオリジナルを創ったとすると、現存のキャラとははるかにかけ離れたものになってしまう。
おそらく「ヤマト」タイトルでは、全く世界観まで変わるだろうし、観てくれる人達は、それこそ困惑どころではなくヤマト嫌いが増し、多くはないが存在する私のファンのみが喜ぶことになってしまうと思える。

キャラクターで言うと、シナリオ上、上条は小林より年上であり、経験もある青年と私は受け止めたので、あまりの若者にはしたくなかった。
逆に小林はクルーの中で一番はしゃぐキャラと思った。それも、若く、行動的な!
最終的に上条キャラは基本的にそのまま残り、小林は漫画家Kのキャラを基本に私風にしたもので、結局、年齢差が見た目に無くなってしまった。


小林の元キャラを!
(原版は出せないのでイメージで)
20091228.jpg



ちょっと長くなってしまった為、事件の話は「おそまきながらの報告書・5」にて。

<< ある日々のTO|||O 元旦 | ホーム | ある日々のTO|||O 12月25日 >>

コメント

Re: 居原勲様

コメントありがと!


忘れてもいません。

額も用意済みですしね。

元気してます?

連絡しますね。

懐かしくなってはつまらないですからね。

懐かしさでコメントしてみました

湖川先生、大変にお久しぶりです。
居原です。
キャラクターの話を読んでいて、懐かしくなりコメントいたしました。
カララとハルルのイラストは、そろそろできあがりましたでしょうか?取りに伺う準備はいつでもOKです。
おじゃましました。

Re: サケノムゾウ様

コメントありがとう!

そうですね、皆さんのご苦労に比べたら、私などはまだまだですよ。
パンフレットは少々キャラを出し過ぎましたでしょうか?

もう今年になりましたが、頑張ります!

Re: S条様

コメントありがとう!

そう言っていただけると勇気が出ます。
年が明けてしまいましたが、S条さんはよい年を迎えられましたでしょうか?

Re: まるひょう様

コメントありがとう!

よく理解されてますね!
特に古代の正面顔は参考画が無かった為なのか不明ですが、完結篇にいたっても、「さらば宇宙戦艦ヤマト」の私の古代がベースなのは明らかです。
気分は勿論ありますが、私の本来のオリジナルデザインは「ヤマト」外になると思います。
「ヤマト」も不可能ではないと思いますが、色んな意味でかなり時間が必要かな!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なるほど!

その3での謎が解けた感じです
百聞は一見にしかずですね!

時間との戦いは商業作品である以上宿命と言えますが
今回の作品にはその宿命を克服した良い部分が
多く見受けられると思います
お世辞ではなく 本当に。

まさに歴史との葛藤ですね。

あと今年も今日で最後です
湖川さんも皆さんもよいお年を。

小林の元キャラ

小林の元キャラ!
いいですね。
このラインで全てのキャラクター設定であれば個人的には最高と思います。
「ヤマト」である以上、過去の松本デザインとの整合性がありますから、かなり苦しい調整をなさったのだなと痛感します。

私は「ヤマト」のデザイン、特に「古代進」は先生の「さらば~」が以降の作品のお手本となっていると思います。
初代のは各話毎デザインが違うためなんともいえません。

やはりオリジナルで湖川キャラ全開が早く見たいです。


Re: くじら軍曹様

コメントありがとう!

時間のロスは他の部分でも多くに感じられた作品でした。
無駄な時間と思われたことが、結果として生かされることが時としてある。
悪しき部分を観えたとしたら、その無駄な時間に翻弄されていたのかも知れないな、私を含めたスタッフが!

Re: やや矢野屋様

コメントありがとう!

私は絵、画、色、立体を多少学んで来た人間です。
それらを理解出来るか否かは、会話の中で判断出来るものです。
理解出来ぬ人間が、己の趣味で独断決定することがもし、あるとしたら、世界観の崩壊となってしまう。
それは全ての作品においても!

No title

正直、湖川サンの 進行で初期段階から動いていれば…というのが ふつふつと沸いてきそうな 初期イラストですね
デジタル・アニメの弱点である線の処理の問題もあるし、
早いうちから『決定稿』になっていればという 時間のロスが悔やまれます。

小林淳

復活篇を見た印象では、言動にどことなく「ザブングル」のブルメを思い起こすようなところがありました。
湖川さんの初期設定を拝見し、なんだか納得です。
動きのあるヘアスタイルが好きです。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム