プロフィール

TO|||O

Author:TO|||O

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
エナジオでのヤマト会議。
作画監督Tの来社は通知なしであったため、私は、その後再びデザインが元に戻ると思っていた。

時間に待っていると、そこに作画監督Tが現れ、少々の驚き。
私は2人の作画監督とは、直接の仕事(私のチェック下での仕事)はなく、彼等の力量はあまり記憶がなかった。
作画監督Tとの一番の接触は「火の鳥2772」で、私はA・Cパートのレイアウトマンとメカデザインを担当し、彼はゴドーのキャラクター作監をしていたため、多少の会話は記憶しているし、やさしい感じは持っていた。
かなり久し振りの再会である。
懐かしくも思った。
接触の後、彼は「湖川ちゃんの作画法は今でも俺のバイブルだよ!」と努力家と言われる彼らしい言葉を貰った。

その後、西崎さんとの三者会議が始まる。
結局は美雪は彼がデザインを担当することになる。
結局、結局である。
結局、デザインに対して、かわいいマンガ好みで、過去の自分を発展させられぬ、口頭の冒険好きの感、感、感である。

次の会議は西崎さんとの二者会議。
何があっても、あったのだけれどね。
やっぱり漫画家Kの好みを否定したくないのだろうか、「真帆だけは漫画家Kにしてほしい」と。
付け加えて「だって、美晴は湖川さんのデザインでOKしたから、いいでしょ」と。
しかし、漫画家Kのままでは周囲に反対されるし、どうしようか会議で終わる。

次の会議に再び作画監督Tが参加する。
私の思いもあったのだが、彼にデザインを依頼することとなる。
しかし、西崎さんは、なるべく元の画に近づけるよう要望を出したのだが、私はTさんがやるのだから、気分的ものだけ合わせることにしておかないと出来なくなると思い、その助言をしたにとどめた。


キャラクターは殆んどが元に近く戻ったのだが、この精神的ストレスはキャラクターシートにも悪影響が出ていると自分で感じている。
小林は漫画家Kのベースを私なりにアニメライズした。

大村とイリヤ女王、パスカル等が、その後の作業で波乱が起きることとなる。

<< ”宇宙戦艦ヤマト復活篇”おそまきながらの報告書・その7 | ホーム | ”宇宙戦艦ヤマト復活篇”おそまきながらの報告書・その5 >>

コメント

Re: K2&G様

コメントありがとう!

そうですか、良かったです。
頑張って核になって動いていたスタッフが結構いましたので、喜ぶと思います。

プリマグラフィも、もとめられたのですね。
ありがとうございます。
つい、数日前に限定No.とサインをさせてもらいました。

元気でいる以上、頑張っていきます!

Re: 白蘭花様

コメントありがとう!

「宇宙戦艦ヤマト復活篇」を終了して、立ち上げました。
私は小林君のブログに興味津々ですが!

そうですね、夜、朝、昼問わず寝ないですから、問題ないですよ。

Re: 小井草明夫様

コメントありがとう!

その通りですね、西崎さんから直接電話をいただいての依頼ですからね。
その意味では、何があろうと皆に喜んで貰える「ヤマト」に創り上げたい気持は強かったです。
たとえ自分の思考、やり方に、他に不満があろうが無かろうがです。
昔からそう思って創っていたし、自分への非難があったとしても、完成したフィルムが証明するのだと。

「さらば宇宙戦艦ヤマト」の時のようなエピソードも数多くありますが、出来るだけ。

Re: 真田信繁(幸村の本名)様

コメントありがとう!

西崎さんですか。
優しさも、感覚も、独断も、持っている方だと思います。
とにかく、一生懸命な姿勢は見えます。

私は一番に思うのは、プロデューサーとして大変勉強された方ということですね。

Re: 匿名様

コメントありがとう!

ブログ…有って無きものの中にある青き文
私は基本的にアニメーションをベースに持ちたいと思っています。
その事(あくまで私事)の報告、考え、思い等を伝える目的が先ずあります。
以前はホームページもあり、その中で動きの勉強室もありましたが、多々事情で断念しました。
今は、それに準ずることも考えてはいます。

「宇宙戦艦ヤマト復活篇」の報告書は本来作業の中で行うべきなのかも知れませんが、状況を作れなかった為、作業終了後になったものです。
貴方のおっしゃる通り、公開前に報告するのは偏見が生じると思い、公開後しばらくの間をもって再開しています。
つまり、また別の観方をしていただけるとの考えもあってです。
暴露とも、自分の自慢とも思っていませんし、あくまでその現実の中でどう対処していくのか、己の葛藤報告と思っています。
個人批判などするつもりも、意味も感じていませんし、あくまで事実事項なのです。
貴方に不快を与える文になっていたとしたら、申し訳なく思います。

もちろん多くの方々に観ていただけると嬉しいし、良い所も数多く出来上がった作品とも思っています。
私の責任の中で、どれだけの「ヤマト」を描けるのか、創れるのか真剣でもありました。
その為には、仕事上の現場において、強い意見も行動も必要となる時が多々ありました。
それらのほんの一部の報告と思っていただけると嬉しいです。

今後も作品の為に、学びながら努力するつもりです。
ご意見ありがとうございました。

素晴らしいです♪

初めてお便りさせていただきます♪ 今回の復活篇でのお仕事…本当に感銘いたしました♪(*^_^*) 素晴らしいアニメーションを見せていただき、本当にありがとうございました♪m(_ _)m

そして本日…先生のお描きになったプリマグラフィ、無事届きました♪(o^_^o) こちらも本当に素晴らしい画で、、、感動しております♪
(*^_^*) 今回の復活篇祭り(…と、個人的に思っております)の集大成として、この画を手に入れる事が出来て、本当に幸せです♪

今後も素晴らしいお仕事をされる事を期待しております♪(^_^)ゞ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

返信ありがとうございます。

こちらこそ恐縮です。 
仕事であっても、笑う余裕、遊び心もなければ良い物は出来ないですよね。
でなければネジ目、ピンク色の唇及び色トレスなんて発明は出来なかったのでは、と思います。

他スタッフも勿論受けた仕事に一生懸命と思いますが、最終的にフィルムになる所まで見据えて責任を持ってやっているのか?
小林さんがコメントされたのはそういう所でしょうかね。

私は完成したフィルムで判断するしか出来ませんが、湖川さんと小林さんはそれを意識されていたのは凄く伝わりました。

西崎さんは色々いわれてますが、メインスタッフに湖川さんを呼んだ点で、人を見る目は確かだと思います。
他はちょっと言及しがたいですが。

今回は、さらば~の頃とはまた別のご苦労があったと思われます。
さらば~の安彦原画の鼻だけ修正とか、セル上からサインペン修正等に匹敵するエピソードを期待してます。

返信ありがとうございます

湖川さん、ご返事ありがとうございます

ところで質問ですが、湖川さんから見て
西崎さんってどんな人物ですか?
差し障りのない程度で教えて頂けたら
幸いです

Re: S条様

コメントありがとう!

もちろん、作品によってまちまちですが、創作することの辛さは感じるところではありますが、「ヤマト」は特別なのでしょうか。
しかし、勉強になることも事実ですので、その辺も含みながら、報告書は続きます。

Re: まるひょう様

コメントありがとう!

「おそまきながらの報告書」はもう少し続きます。
「完成しました」まで行かないと意味がありませんものね。

Re: 小井草明夫様

コメントありがとう!

貴方のコメントには勇気づけられますね。
これでも現場を楽しくとの思いで、笑いを絶えぬよう努力もしてきました。
気分的に害する言葉もあるとは思いますが、単に制作的な報告書であれば私が書く必要は無くなるので、主観を本当はもっと過激にしたいのですが、私一人の仕事ではないので、頑張って来たスタッフの紹介もしたい気持もありながらです。

Re: 真田信繁(幸村の本名)様

コメントありがとう!

仕事に関しては貴方のおっしゃる通りと私も思っています。
メカデザイン、3Dについては、雑誌等のコメントでも、強くおすすめしています。
シナリオに関しては色々ありますね、私も。
今回の「ヤマト」は、良し悪しは別として、西崎さんの「おもい」と思っています。

Re: cosmotiger002号機様

コメントありがとう!

画に関しては、私がより以上精進します。

そうですか、私はオヤジは騎兵でした。
オヤジの話をすると長くなりそうですね。
私も内心では語るべき何かを欲しかったとは思っています。

小林誠君は才能ある人物です。
彼は何度か私をフォローもしてくれましたし、よく全体を見、考えていました。

Re: pinguino様

コメントありがとう!

そうですね、私も漫画家としての彼は彼で良いと思っています。
「ヤマト」を考えた末の事ですので、貴方のおっしゃる通りですね。
内容に関しては様々と思いますが、現在も言えるとするならば、あれが今の「ヤマトです」と、言わせてください。

Re: 小林誠様

誠ちゃん、ありがとう!

その時小林君に言われ、メカデザインまでもそんな事やっていたのかと憤慨したものです。
だから、歯痒い気持は良く分かるし、制作まで任された辛労ははかり知れないと思っています。
あなたがいないと「ヤマト」は完成していませんよ!

Re: 通りすがり様

コメントありがとう!

これは公開前からの報告書なので、書き方を変えていないだけの話です。
私は年上の方には尊重の気持を持って接しているし、互いの付き合いの中でも何も問題も生じてもいないのですよ。
「ヤマト」スタッフは皆が良いものに、と仕事を考えていたと信じているし、思ってもいる。
私は「宇宙戦艦ヤマト復活篇」の体制の中で、自分の責任範囲で、仕事内容に私の責任で任されている以上、年上も年下も男も女も、関係ないと考えています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ichi様

コメントありがとう!

嬉しいやら、恥ずかしいやら、私の若い頃からの作品をよくご存知ですね。
「ヤマト」に関しては私も多種、考え方を持ちますが、何かの変化がもし、起こるとするならば新しく、ヤマトらしいヤマトになり得るかもしれません。
アメリカ人、マーベルは私も好きなキャラクターですが、あの唇はやはり冒険のひとつでした。
まだ決定されていない企画のデザインも結構あるのですが、今後も世界観を大切にしたデザインを創作していきます。

No title

創作は 一筋縄ではいかないものですね・・・

キャラクター、観客の視点(僕の)では
問題のキャラも含めて
きっちりと「湖川ライズ」されていると感じました
実際観てる間そういったもやもや感は感じませんでしたし。

とはいえこういう制作過程の話が聞けるのは
ファンとしては楽しみなのです。


準備段階で

こんばんは。
報告書を読ませていただいて、準備段階であるキャラクターデザイン(しかもまだ一部分で)で、ここまで色々とあるとは。
本当にややこしかったんですね。
一筋縄でいかないというか、、

次回のお話をどきどきしてお待ちしています。

はじめまして。

作品制作の苦労や葛藤が偲ばれ、凄く面白く拝見しております。 

自分にとっては、湖川作画が充分に堪能出来ればそれでいいクチなので、湖川さんは今後もその調子で頑張って貰いたいです。

集団作業には妥協も必要でしょうが、そのパートを任された責任者であれば特に、他スタッフと衝突してでもより良い物を作りたいのは当然と思いますし、それがプロの仕事であるとも思います。

自分がイデオン発動篇が凄く好きなのは、良くも悪くも湖川さんのパワフルな作画、レイアウトに圧倒、魅了されたからですね。
あの画は技術や時間を掛けただけでは出来ない、描き手の情熱がフィルムに焼き付いた出来と思います。


他に匹敵する方といえば、安彦さんか杉野さん位しか思い当たりません。

些か脱線致しましたが、今後もカモン・マイロードな湖川節を貫いて下さい。

仕事って大変よね

,まあアニメの制作現場に限らず、仕事には問題や事件は
付き物ですよねえ・・・。 それに一度引き受けた仕事は
簡単に投げ出せないしねえ・・・。 湖川さんのご苦労
お察しします。 僕は公開初日に復活編を見に行きました
が、面白かったですよ。 作画やCG等映像面の
クオリティに関しては、ヤマトシリーズの中で最高じゃ
ないでしょうか?小林誠さんのデザインしたメカも
素晴らしかったしね。 ストーリーに関してはかなり
アラの目立つ感じがしましたね・・・もう少し脚本を直した
方が良かったんじゃないかと思いますが、湖川さんは
どう思われますか?
まあなんにせよ続編も作られる様なのでぜひ続けて
ヤマトの制作に参加してほしいですね
くれぐれも健康だけには気を付けて頑張って下さい

問題は絵ではない。

>でもそういう事って、判んないんですよ、観客って。

製作過程はどうしようもないですね。
メイキングが発表されても、それもまた作品でしょうし・・・

それにしても期待が大きかった分、"?"な部分が多すぎて、何とも煮え切らない思いで観劇していました・・・自分が可笑しいのかとも思いながらどうしても納得したくて10回見ましたが、"絵"の側の責任ではないですよ。
絵はね、良かった.カッコいい。

問題は物語そのもの。台詞。登場人物のデタラメな行動。安易な特攻賛美。

あれで感情移入しろと言われても無理でしょう。
帝国陸軍の下士官のオヤジに育てられ、恩師は回天の元搭乗員と言う大日本帝国バリバリに育てられた私ですが、石原都知事とその仲間たちの怪しげな宣伝映画でも見せられているようで気分が悪かった。

それでもDVDが出たら買いますよ。
スタッフにはホントに悪いと思うんですが、自分でバラバラに編集してただの音楽映像、背景映像として楽しむつもりです。もちろん人には見せませんけどね。

・・・ん、今気付いた、小林さんってあの小林さんですか? 

お疲れ様でした

復活篇、観ました。
心中お察し致します。

国友氏に関する記述は、キャラクターの世界観の統一が映画にとって重要であるのは自明ですし、国友氏のデザインの良い悪いではない、という事だと思いますので、当然のお考えだと思います。

個人的にイデオン発動篇は、今まで観た映画の中でも多大な影響を受けた一本です。
アニメの中で、という訳ではなく、映画としてです。
年間200本近く古今東西の映画を観ますが、発動篇は今でも特別な映画です。

個人的な思い入ればかりで恐縮ですが、今回のヤマトのような作品に参加され、なおかつ正直あの出来ですと悲しくなります。
復活篇は映画ではなく、政治的イデオロギーのプロパガンダでしかありません。

復活篇についてのレビューを書きましたので、一ファンの意見として御一読いただけましたら幸いです。


No title

もやもやしますねネット特有の心ない匿名コメントには。。
判んないんですよ、こういう書き方だと。もっとはっきり書いちゃって良いと思いますよ。あのころエナジオで設定書いていて、湖川さんが毎回大変なことになっているのは聞こえていました。
スタジオで、「僕もあのころ同じ事になっていましたよ」と話しましたね。

湖川さんは最後まで現場にいてくれた。

でもそういう事って、判んないんですよ、観客って。


No title

高橋信也さんはクレジットもされいるので匿名にする必要はないと思います。
それに湖川さんにとっては年長でもあり、先輩でもあるはずなので相応の礼儀と言うか、そういうものもあるべきでは?宇田川さんにしても同じです。
あと、漫画家国友さんに関してですが、画力云々は別にして、正式に西崎さんから発注されて、御本人としては一生懸命丁寧な仕事をされているのですから、全否定をする様な書き方も感心できないです。

はじめまして

はじめまして。ichiと申します。湖川さんも大変ご苦労様です。
私は昭和のヤマト全作見てましたし、湖川さんのデザインした
999やサンライズ作品、OVA、漫画等も見ました。DVDも持っています。
イデオンのデザインには本当雷を打たれた感覚でした。
ある種湖川ファンであるこの私が
久しぶりの湖川デザインであるのに
今回のヤマトは全く見る気が致しませんでした。

勝手なことを書きますがお気を悪くなさらないでください。
「さらば」「完結編」と2回もエンディングを迎えたはずのものを
「新」「復活編」だのと簡単に蘇させる。
こんなの作品として有りでしょうか?
過去の栄光にすがるばかりのプロデューサーには辟易しますし、
このような方が作った作品は内容がクリエイティブでもないので
見るに値しないと思ってもおります。
こんなのではたして2部3部と続けていけるのでしょうかね?


私はダンバインのマーベルフローズンのデザインが大好きでした。
あのたらこ唇の色気は格別です。
バイストンウェルの世界再び湖川デザインで見たい気もします。
(私も過去にとらわれてますね、イカン)
またどこかで湖川デザインの作品に会えると良いですね。
本当応援しています。
長文乱筆失礼しました。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム