プロフィール

TO|||O

Author:TO|||O

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
o-002-01.jpg
最初の頃の大村。

o-001-02.jpg
その後の大村。

o-003.jpg
漫画家Kのデザインを元にした大村。

o-004.jpg
最終決定の大村。

o-005.jpg
作画inした後、直しが入った大村。

<< ”宇宙戦艦ヤマト復活篇”おそまきながらの報告書・その10ーイ | ホーム | ”宇宙戦艦ヤマト復活篇”おそまきながらの報告書・その9ーロ >>

コメント

Re: まるひょう様

追加コメントです。

作画(原画)に入る場合に、どんな立場の人であろうと、演出を中心に作画打ち合わせを行うことが必然です。
劇場、TV、DVD、ゲーム等、全てにそうであるように。

Re: まるひょう様

コメントありがとう!

作画監督Uさんについてのお話は「おそまきながらの報告書・その10」であります。
事件が起こりましたので!

Re: 真田信繁(幸村の本名様

コメントありがとう!

私も弟子に聞いていたところでしたが、詳しい方がコメントをくれていますね。

Re: CGO様

コメントありがとう!

よく憶えてますね!
そうでしたね、言われて思い出しました。
長浜さんと直の仕事をしたことはありませんが、残念な出来事でした。

「イデオン」は打ち切りの後、続行していました。
制作側の確証か強行か不明ですが、私としては消化不良にならずで、感謝してます。

思い出しました! ありがとう

闘将ダイモスね!!
はいはい確か、背中に羽根が生えてる宇宙人が
出てくるんですよねえ確か・・・
なにか、敵同士の男女が許されぬ恋に落ちる
ロミオとジュリエットのロボット版みたいな話
だったのを思い出しました。

ichiさん 、ありがとうございます

長浜作品

おせっかいさせていただきますと
真田信繁(幸村の本名様の記憶の作品は
「闘将ダイモス」
というものです。
長浜3部作として
「コンバトラーV」「ボルテスV」「ダイモス」が有名です。

No title

こんばんは。
どんどんと、お話が深くなってきてますね。
作画監督のTさんのパートについてはなるほどと思いました。
それでは、Uさんはいわゆる作画を担当したということでしょうか?
打ち合わせはなしで、、、
ともかく、スタッフの規模がすごかったんですね。
まとめる作業がとんでもなかったことがすごくわかります。
次回をお待ちしています。

No title

返信ありがとうございます

そうですか、長浜さんはお亡くなりになってたんですか・・・
巨人の星の演出をやっておられたのは初めて知りました
僕が従兄弟とスタジオ見学に行った時は何か、
ロボットのアニメの仕事をやってらした様に思います
だけどタイトルが思い出せない・・・なんかトラックがロボット
に変形して空手技を使って敵の怪獣だかロボットを
倒してたのは覚えてるんですが・・・
随分前に死去されたという事ですが、急病か
何かで亡くなられたと言う事でしょうか?
いずれにしても残念な話です

Re: gdnao様

コメントありがとう!

あ、はいはい!

Re: 大和武遵様

コメントありがとう!

「ヤマト」を愛していただいてありがとうございます。
私も続編が出来ると良いと思っていますし、このまま終わらせる辛さも感じています。

現在進行中のアニメ(全てではなく)の問題は多々あることは事実ですが、私は私なりの方法論を模索中でもあります。
色々な世界観を持つアニメがあって欲しいし、私の好きなギャグ物も、いくつか企画中です。
夢のありあまる世界を終らせるつもりもありませんし、終るとしたなら創作に対して、人間に対して罪を負うことにもなる事ですからね。

Re: 真田信繁(幸村の本名様

コメントありがとう!

長浜さんは、私は東京ムーヴィーに契約社員で初めてアニメの世界へ足を踏み入れたとき、「巨人の星」の演出(監督だったかな?)をされてました。
残念ですが、かなり前にお亡くなりになりました。

私の記憶の中では、ラッシュ(音の入っていないフィルム)チェックの時に、いつも冷し中華を食しながら仕事をされていた姿が、消えることがありません。

長浜監督のこと

はじめまして。

貴重なアニメ制作現場でのドキュメントを垣間見ることができて、
大変嬉しく思います。

それが、キャラクターのアニメ表現では当代随一の
湖川さんご本人の言葉で読み進めることができるのですから。

「さらば~」でシャープなあごのラインに衝撃を受けて以来、
「イデオン」で完成型を見た湖川作画ですから、
今回の「復活編」は本当に楽しみでした。
以前、BSの某アニメ評論番組に出演されたときも
嬉しかったのですが、今回の映画も
短い時間でよくもここまで動きを総括されたと
感激しています。
ストーリーや演出で好みが分かれるのが大変残念ですが、
キャラクターの動かし方は大変丁寧な作品だと思います。

さて、真田信繁(幸村の本名)さんが質問されていた
長浜監督ですが、ちょうどその頃湖川さんは
「イデオン」の制作に携わっていましたね。
当時サンライズは「ガンダム」が当たって映画が作られて、
「イデオン」が打ち切りの頃でしょうか?
長浜監督の訃報は当時のアニメ業界でも大ニュースで、
トミノ監督も当時のアニメージュの連載で触れられてしましたね。
挿絵を湖川さんが担当されていて。
「イデオン」メインキャラが敬礼した画が印象的でした。

それから「イデオン映画版」までの
虚々実々を混ぜ込んだトミノ監督のドキュメント、
今でも実家にあります。
確か苛烈を極めた進行の中で、
「子供の誕生」が「メシア」的に扱われていたのが印象的です。
トミノ監督の双子はフィクションだったのに、
湖川さんのお子様はリアルだったという…。

なんにせよ、今回は湖川さんの新作が見られただけでも幸せです。
次回作も期待しております。

はじめまして!

ここのblogに初めて書き込みます。
いつも湖川様にはお世話になっているものです。

相変わらず、面白いですねぇ。
また寄らして頂きます。
今度、一緒に遊びにでも行きましょう。

No title

はじめまして!

湖川さんことは、「イデオン」をある番組で特集してた時に知りました。
湖川さんが描くキャラクターは、すごくお気に入りです。

私は、この「宇宙戦艦ヤマト」がアニメの中で1番好きな作品です。
なぜなら、この作品に出会ったのがキッカケで「アニメ」にハマったからなのです。
とは言っても、これでも私はこの世に生まれてまだ20数年、もうすぐ社会人という年齢です。なので、「ヤマト」をリアルタイムで見たことがありませんでした。
でも「ヤマト」シリーズは全部見ました。しかし湖川さんが、まさか「さらばヤマト」で製作スタッフのお1人であったのは、ビックリしました。

そして今回の「ヤマト復活篇」。
まずは、「宇宙戦艦ヤマト」をスクリーンで見せて頂き、本当にありがとうございました。
全体的な感想としては、とても面白く楽しかったです。

新しく出てきたキャラクターも、昔のアニメらしく男らしいものであったのでとてもうれしかったです。
昔の「ヤマト」のキャラデザに比べれば、若干感情の表現が乏しいところもありましたが、湖川さんがキャラクターデザインをされていると言うことで満足いたしました。

物語の方は「第1部」と途中で終わっているので、是非とも最後までヤマトの活躍を見たいものです。
もちろん、キャラクターは湖川さんので(笑)

湖川さんの「ヤマト報告書」を今まで読ませて頂きましたが、今回の「宇宙戦艦ヤマト」を作るのが、どれだけ大変だったのかが、すごく伝わってきました。

でも、そんな思いをしてまで完成に漕ぎ着けて、劇場で放映できたことは本当に立派なことだと私は思います。
なぜなら、もう誰もが「ヤマトが製作されることは無いだろう。」と思っていた中での劇場公開なのですから。

いろんなアニメが乱立するこのご時世、「もうヤマトような宇宙戦艦が活躍するSFアニメは時代遅れなんだろうな。」と私は不覚にも思ったことが何回もあります。
それにネットニュースでは、「2009年とほほ…な映画ランキング」で第4位を記録した。と載っていましたしね。

でも今回の「ヤマト」を見て、さらに私ぐらいの年齢層から下の方々が、「面白かったぞ。」とか「楽しく見れました。」というコメントを書き込んでいたのを見て、「まだまだ、こういうアニメも捨てたものではないな。」と期待を持てるようになりました。

最近のアニメもよく見るのですが、私としてはあまり最終回まで見ることがない作品が多いような気がします。
まぁ、小さい頃に「ヤマト」を始めとする男ものやギャグもののアニメばかりを見てきたのもあるのでしょうが。

最近はそういうアニメって少ないですよね。
女の子が活躍して熱くなるアニメはよく見ますが(笑)
これも「時代の流れ」というものですから仕方ないんだとは思っていますが。
何か…物足りないような。

今は「ヤマト」の続編をぜひ作って欲しいです。
できれば今度はテレビで…(笑)


初コメを寄せるにあたり、長々と書き込ませて頂きました。
大変失礼致しました。




No title

デザインの変遷を見ると、大村さんのデザインって
最初の頃と大分変わってるんですねえ
僕的には、ヒゲを生やした②のデザインの
方が好きだなあ・・・でも副艦長って
感じではないね、司令官とか博士って
感じだな・・・なんか目元が、
ガッチャマンの南部博士に似てるような(笑)
そういえば今回の古代のデザインも
どことなく大鷲のケンに似てるような・・・
いや、気のせいか・・・
ところで話は変わりますが、湖川さんは
長浜忠夫さんという方をご存じですか?
昔、大学生の従兄弟に連れられて
スタジオ見学に行った際、撮影した写真が
つい最近見つかりまして、僕と従兄弟と一緒に
写ってる中年の男性がいるんですが
名前がわからず、電話で従兄弟に
聞いてみてたら長浜さんという方と
わかったんですが、今でもお元気で
いらっしゃるんでしょうか?
なにしろ30年くらい前の事で、当時の
記憶もあいまいなのですが、穏和そうな
優しいおじさんって感じだけは印象は
記憶に残っています。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム