プロフィール

TO|||O

Author:TO|||O

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
11月16日


昔ばなし
「不知火の松」
DB
結構、待たされたが、曲は良かったので、安心

私の、気になった部分も修正した

吹雪のデジタルも良い
北海道を思い出す

12月4日  放映

<< ある日々のTO|||O 1月1日 | ホーム | ある日々のTO|||O 11月18日 >>

コメント

Re: イーサン・ハンド様

コメントありがと!


了解!

サイン会もですか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: イーサン・ハンド様

コメントありがと!


その時はよろしくです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: PLANETエイミー様

コメントありがと!


皆さん、あまりにも一生懸命でしたので、来年もと、考えています。

Re: イーサン・ハンド様

コメントありがと!


私も、11日は予定が入ってました。

よろしく。

西美展

先日の西美展、貴重な経験をさせて頂きまして有難うございました。

「間」ということの難しさ、でもその一つ一つが動画となって、作品になっている深さを感じました。

不器用でも、またああいった講習に参加させて頂きたいと思っております。

日本昔話も拝見しました。音楽、素晴らしかったですが、一番印象的だったのは、娘が父親を想うあの「目」さすが湖川先生!と見とれながら、悲しい話の流れに涙でした。

また来年、元気にお目に掛かれます様にと願っております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 不知火の発現様

コメントありがと!


それは良かった。

よく、子供は子供の目線でとか言うが意味不明。

子供が大人になり、大人の目線にて、言葉にて、子供に語るべき。

応援してます!

Re: イーサン・ハンド様

コメントありがと!


了解です。

本物に出会う

湖川先生、はじめまして。

何気なく、いつものように子どもと昔話をみていると、湖川先生のお名前が!
おもわず端座して拝見しました。

イデオン発動篇の本気の作画に当時心を奪われた私には、父の強い表情に、まさに湖川先生だからこそ描ける絵だ、と感慨深いものがありました。
子どもたちも真剣に見入っていました。

子ども相手だからと手抜きしない、いや、本質を見抜く子どもだからこそ、本気で描いておられるのだと、感じました。

私も、子どもの教育に携わる仕事をしていますが、あらためて、一期一会、子どもに本気で関わっていく大切さを教えられました。
父娘の魂が宿った不知火の松の火が、イデの発現かのように、深い灯火のように見えました。
またこれからも、多くの子どもたちに、心豊かになるような絵を届けていただけたらと思います。
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: イーサン・ハンド様

コメントありがと!


事前に日程がわかれば、大丈夫かと。

Re: まさ様

コメントありがと!


私も、気に入ってます。

お話は別、内容をもっと変えるか否か。

今回は、レベルに合わせてみた。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

不知火の松

本日放送
観ました。

久しぶりの先生の回なので楽しみにしておりました。
止め画ですが画に親子それぞれの感情がこもっていて、
観ていても手汗をかくぐらい、ひしひしと画面から伝わってきました。
これは今のアニメでは先生の画でしか味わうことができません!
デジタルの吹雪も時にゆるりと舞う姿は幻想的でとても素晴らしく、
切ない話ですが自分は好きです。

先生の回、画はもっと観たいです。
そしてたくさんの人にも観てほしいです。
来年も楽しみにしております。

Re: まさ様

コメントありがと!


思い出は、これからつくるもの。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: まさ様

コメントありがと!


枚数ではなく、学ぶ事です。

せいび展

あらためて自分の描いた動画を見つめ直しております。
マーベルの横顔がついシーラに見えたのでとっさにマーベルを選択して挑んだはずなのですが、画を理解するというよりも難解という言葉が先行し幾度となく鉛筆が止めては瞳を閉じておりました。

それでもかなりの数を描いておりましたので悪戦苦闘しながら描く喜びを感じていたことは過去の先生の講習が布石になっていたのではと感じました。

自分は先生の作画法を見ながら個別に勉強できますが、それすらない昔は本当に爪に火をともす覚悟で勉強されていたのではないかと思うと、過去の作品を観る目も今後は変わってきそうです。

次回このような機会がございましたら参加したいです。
その時は貴女を振り向かせてみたいですね。

(ぎこちないですがページを指でめくる動作は覚えたかも?)

Re: Tomoyuki Ozawa様

コメントありがと!


その観方もできますね。

あのヤマト動画は、当時としては、本当に頑張ったと、私も思いました。

パース感も不備な筈、石黒さんのアドバイスなのか。

さらばヤマトで、ご一緒した時も、「これ手におえない」と言って渡された正面パースヤマトが懐かしい。

動画について再認識!

「西美展」での動画講習に参加させて頂きました。
最初から実習で驚いてしまいましたが、書いたものに
直接コメントを頂いたり、先生が描かれているのを
隣で眺めさせて頂いたり、とても勉強になりました。
チャムの“中の絵”は、頂いたアドバイス通り
髪のボリューム感をコスモ並みに大きくしたら、
前後の絵とつながって動くように見えました。
ということは、前後の横顔の絵に、髪のボリューム感の
情報が含まれているということなのですね。
しっかり読まないと...

サイコロの“中の絵”は思った以上に難しいですね。
先生のお手本が見たいです。

家に帰って「ガンダム」を見たら、“中の絵”が
どのように描かれているのかすごく注目して見ました。
先週までは“前後の絵”にしか興味がなかったのに、
不思議ですね。

「ヤマト」には、宇宙空間を遠くからやってきて、
目の前を通り過ぎて、やがて遠くに飛び去って行く、
というすごい動画がありますが、だれがどうやって
描いたんだろう? と昔から不思議に思っています。

Re: まさ様

コメントありがと!


画は、楽しんで描いてください。

Re: 茨城の真唯パパ様

コメントありがと!


何事も成長する為に楽はありません。

常に、学びと努力です。

来年、また、お会いしましょう。

西美展

無事参加・帰宅できました。
動画の難しさ・奥深さが骨身にしみりました。

本日西美展今回は1人で参加です。

先生、スタッフの皆様お疲れ様でした。

今回は参加者が2枚の絵の間の
絵を描くという事でした。
みんなで黙々とカリカリ、ゴシゴシ。w
自分も何年振りかで鉛筆で絵を描く。

指導する先生も楽しそうでした。

先生曰く動画も原画もそれぞれに
作画の苦労が多いんですね。
アニメーションって大変な仕事です。

今回自分で描いたチャムもマーベルも
記念にとって置きます。

今年も何度かお会いできて楽しかったです。
来年もよろしくお願いします。

PS 百里基地航空祭に行った弟が
あの速い戦闘機をオーラバトラーが
落とすのは至難の技だと。w
更に今回参加していたら絵を描くのは
もっと至難の技だと。w









Re: 寒い日は犬に抱きつく様

コメントありがと!


関東の11月に雪ですね。
寒かったです、打ち合わせにも出掛けた日でもある。

早朝から作業が基本かな。

北海道は、もちろん極寒の地。
零下10度くらいは元気がでます。
東京の2,3度は腹が立つくらい寒い。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム