プロフィール

TO|||O

Author:TO|||O

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
希望ではないが、小井草さんの指摘
私は思ってもいなかった事なので、つい描きくらべをと思ってしまったのです。
さいとう先生なら、おそらくこんな感じ(右)に描かれると思うな!
でも、テクノっぽい。
20100526-004.jpg

もし、さいとう先生がジロンを描かれたとしたなら…;
20100526-004-02.jpg

ボーイズライフ時代に登場した敵側の、お気に入りキャラ。
20100526-004-03.jpg



地球軍 最高速戦闘機さん希望
いやー!こんなキャラでした?
この作品は最悪でしたね、体制も。
いや、体制があまりに傲慢!
20100526-005.jpg



まるひょうさん希望
う~ん、こんなんかな!
アニメキャラ最初のハイライト?
現在の意味不明なアザハイライトの横行。
オレが元凶か…!?
20100526-006.jpg
「達」はまたいずれ!

<< ある日々のTO|||O 6月1日 | ホーム | TO|||O 特別展示ROO||| ROO|||3ーイ >>

コメント

Re: くじら軍曹 様

コメントありがとう!

はい、力作をお願いします!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: くじら軍曹様

コメントありがとう!

どこ主催のコンテストなのでしょ。
拝見したいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: しゅう様

コメントありがとう!

私が初版した作画法は36歳の時で、今思えば説明不足が多々あったと感じている。
解かりやすい説明。
つまり、素人の人が聞いても、楽しめるもの。
例題も数多くしたい。
現在、日本の動画人口の低さを考えると、消滅の危機も。
未来のアニメーターを目指す人達の為にもと考えている。

GREED復活

先生のGREEDが現代に復活するのを楽しみに待ってます。

素晴らしい作品を話だけでなく、発売する方向で早く進んで欲しいものですね。

画質もLDより鮮明になると思うので特に出だしの部分が鮮明に見れるので。
久しぶりにGREED見た時、こけるシーンで笑いました。(昔も笑ったなあ)
ビデオソフトも当時買いましたけど、今は何処に保管したかな??

発売される時は、最新の迫力ジャケット画で発売してくれると最高なのですが・・・。早く発売して(祈)

理論本楽しみに発売を待ちます。
アニメーション作画法・ザ・ビーボォーやGREED・ミナミの書籍を今でも大事に保管してますが、
(当時予約購入した時、折込のポスターが封入されてたのがうれしかったなあ!!)
そのような素晴らしい内容になる予定なのでしょうか??


発売が決まったらブログでUP御願いしますね。(喜v)

あとGREED・ミナミの様に漫画は久しぶりには描かれないのかなあ~と期待する私でした。







Re: しゅう様

コメントありがとう!

ブログは「宇宙戦艦ヤマト復活篇」の終わり頃に立ち上げたもので、ヤマト話題が中心でした。
ヤマトが終わって、自分の企画を少しずつ動いているところです。

「GREED」のDVDの話は以前あったのですが、今は止まっています。
画集ではありませんが、理論本を続けて出版する予定になっています。

Re: S条様

コメントありがとう!

そうですね、私も仕事の合間とはいえ、結構時間かかりました。
さいとう先生の画は近くなりましたね、18歳の頃ピークでしょうか。
19歳の頃、自分の画風が欲しくなり、色々描きましたが、知人に見せると、「さいとうたかをだ!」とよく言われました。
その頃の画が出て来たら載せてみます。

Re: 小井草様

コメントありがとう!

そうです、「007」です。
高校一年の時、家が近所だった小学校の同級生が貸してくれたのが、ボーイズライフでした。
そこに、予告(007の)として、さいとう先生の画がありました。
私はその画に惚れたのです。
カルチャーショックでした。(その内、記憶で描いてみましょう。)
ここから、私の人物模写が始まったのです。
漫画家になる気はなかったのですが、まねごとも、よくしました。
東京進出は、彫塑家目的でしたから。

春の叙勲を受賞されましたか。
先生!おめでとうございます。
私はお兄さんとは面識があるのですが、先生に直接お会いしたことがなく、夢では何度か…。
さいとう先生は初志貫徹の方です。
私も嬉しい限りです。

坂本さん亡くなられたのですか、残念です。
ご冥福をお祈りします。

坂口さんは才能ある方で、私も大好きな一人です。

Re: m.k様

コメントありがとう!

「伝説巨人イデオン」は私の青春時代を謳歌した記録です。
今、観直すと、恥ずかしいビジュアルに感じるとは思いますが、それで良いのです。
過去が現在に勝る筈もなしなので。

ツイッター、弟子に出してもらって見たし、業界イデオン飲み会だって?オレは?

さすが湖川先生

先生の情報が途絶えていて、1ヶ月ほど前にこのブログ発見しました。

さすがに今回の作画の多さにコメント投稿させていただきました。
非常にファンにとっては貴重な絵アリガトウございます。

先生のキャラクターをダンバインから出会ってGREED、クールクールバイと、はまって逆行してイデオンなどを見るようになりました。

ブログの話題はヤマトが多いですが、先生自身の久しぶりの監督作品を製作する予定などは無いのでしょうか??

最近友人にLD本体を借りて久々にLD盤を引っ張り出して見たGREEDの躍動感がやはりサイコーでした。(クールクールバイも同時に見たのですが・・)当時無理して買ったLD盤が残しておいて良かったです。GREED等はDVDで発売などないかなあ~。

画集などの製作も久々にあったらよいのですが・・・。
贅沢でしょうか??


Re: ヤナイ様

コメントありがとう!

私は、パースを理解した後からは、メカに対する理解力のパーセントが極端にUPしました。
メカとロボットは、かなり異ったニュアンスを持っていますが、ロボットも、かなりの数のオリジナルデザインを創ってます。

Re: mots(もっつ)様

コメントありがとう!

ザブングルの丸顔キャラを考え出したのは、イデオンのTVシリーズ中間あたりでした。
リアルもやりたいことの一つだったのだが、ギャグをやりたかった。
ダンバインは色んな層の人達の目も向かせたく、目のハイライトきらきらも創った。
「イデオン」から「エルガイム」までのサンライズ作品には、全て、私のアニメに対する冒険心の表れと言って過言ではありません。

Re: 白蘭花様

コメントありがとう!

劇場版は「あした元気にな~れ 半分のさつまいも」が「宇宙戦艦ヤマト復活篇」の前作になります。
林家三平さんの奥さんの話です。

Re: まるひょう様

コメントありがとう!

あなたのような考え方を持つ人達がいる限り、私は創作者として進んで行く気になります。
「達」も、お待ちください。

Re: かわばたみづき様

コメントありがとう!

はい、考えるのは目先の事ではなく、世界観と思ってください。
発想はいくらでも加えることは出来ます。
自分らしさを、よろしくお願いしますね。

Re: TANK様

コメントありがとう!

漫画家の原案は初耳です。
2月頃でしたかね、記憶は明確ではありません。
家に西崎さんから電話があり、とにかく会いたいとの事で、明日、迎えに行くからと。
2人で酒の席で多々会話。
イメージデザインを創ることを受諾したと思う。(ただし、キャラデザインのみで)

後日、会社へ出向く。
現在、上っているキャラを見せてもらうが、数人が描いたもの、しかし、単発で好き勝手に描かれたとしか思えない感を受ける。
一年以上もかけてキャラを創っていたと。
信じられない。
この事も体制の悪さに入る。(結局、現場の時間不足をさそう。)

一週間か10日後だと思うが、イメージデザインを持参。
私の場合、単発キャラも描くが、全体の世界観みえる描き方もするので、イメージが伝わりやすい。
西崎さんはノークレームで一発OKになった。

のだが…。
そう時間が過ぎぬ頃。
家に西崎さんから電話。
「湖川ちゃんのキャラだから、湖川ちゃんしか描けないよね。だから総作監もやってほしい。」と。
その当時、「アニメーション作画法」の執筆にも入っていた為、苦汁の決断。
自分のデザインが、崩れるのも苦しい。
結局、受諾する。
思っていた感が当たり、時間不足の体制になった。

以上、経過報告。

Re: teraminato様

コメントありがとう!

楽しんでいただけましたか、私も懐かしく、つい!

いきなりすごいことに

なんかすごい情報量
全部観るのに1時間くらいかけて観ました。

さいとうさんのジロンすごいなあー
 
さすがさいとう絵の癖を熟知していらっしゃいますね
感服いたしました。

一生の家宝物です。誠にありがとうございます。

まさか描いてくださるとは夢にも思いませんでしたので、大変嬉しいです。
ボーイズライフの画は007シリーズでしょうか?
イデオンのギンドロ・ジウム、ザブングルのティンプ・シャローンのラインを彷彿とさせます。
さいとう先生は今年、春の叙勲を受賞されたそうですね。
昔、漫画家梁山泊といえるトキワ荘の面々に「俺は大人の漫画、劇画を描く!」と公言し、今日までその姿勢を貫き通した努力の賜物でしょう。

ふと思い出しましたが、トキワ荘通勤組にあの坂本三郎さんがいらっしゃいましたね。
特にダンバイン作画、湖川さんの次に坂本さんの画が好きでした。
亡くなられて久しいですが、本当に良い画を魅せていただきました。


もうひとつ。 
湖川さんの描くタッチには、何となくですが坂口尚さんのも透けてみえるのです。
アニメーターとしても勿論、漫画家としても私が尊敬する方の一人です。

故人の話ばかりで申し訳ありませんでしたが、湖川さんはまだまだバリバリ現役!
これからも応援させていただきます。

お、もう書き込みがありますが、やっぱり女優の坂井真紀さんのTwitterでのイデオン語りは衝撃的ですね!ジ・イデオンは湖川さんの作画が素晴らしい名作でしたよね^^

湖川さんの絵がたくさん見られてとても嬉しいです!
とくにジョーかっこいいです。
セルの均一的線と違って鉛筆の強弱が心地いいですね。
こうなるとヤマトの修正原画など目にできる機会があればなあ、と思います。
ところで髪の毛のギザギザハイライトはいつのころからか頻繁に見られるようになりましたね。髪の上から目が乗っていたり、巨大な汗など。。。日本のアニメ的表現だと思います。
さらに話は飛びますが、「人気絶頂「ヱヴァ」より「イデオン」 坂井真紀の呼び掛けに賛同者続々」なる動きが盛り上がってるようです。
私はエヴァンゲリオンも好きですけどもいい作品はいつでも時代を超えると言うことですね。富野さんの力は偉大ですが、湖川さんあってのイデオンだとも思います。
「最後の逃亡者」の作画は人物の芝居、凄過ぎる、の、ひとことです

初めまして。

私は湖川先生の描くメカも素晴らしいと思います。
イデオンの人体的な作画、パースや装甲UPの描き込みの巨大感等々。
塗装と装甲がはがれるイデオンは何度も観ました。

おお!これはすごい

いっきにいろんなキャラに会えてうれしい!
ザブングルのキャラはバネが入ってるような元気な感じが大好きでした。
デフォルメのきいたザブングルから一転、ダンバインのショウはリアルな感じがします。
ダンバイン放映前、アニメ誌に設定が付録で付いたのをいまだに持ってます。トッドやアレン、ジェリル・クチビなど個性的なキャラがたくさんいて今も覚えてます。
オーディーン、通路をかけて行く乗組員を真下のカメラアングルで撮っているシーンは斬新でカッコよかったです!

皆さん、リクエストが叶って羨ましいです^^

と申しますか、おそらく激忙しい最中にもかかわらずに僕らのために筆をとってくださり、まさに益々惚れ増した^^

湖川さんのイデオン以来、、復活編までが僕にとってアニメの長い長いインターバルでした、、

本当にDVDも楽しみですが...

あのう、、もし、、よろしければ、、

ハルル様をいつかお願いいたします。。

僕にとって最高ヒロインでした^^

是非ともまたお目にかかりたいです、、

大変お忙しい日常だと存じますが、気温の変化も激しいですね、、どうか風邪などひかぬよう、ご自愛くださいませ。。

カタカム・ズシム

ザブングル・ダンバインは最近、CS放送のアニマックスで再放送されていまして
全話録画して、何回も見直しています。
古い作品なので湖川さんが作画監督を勤めてる回と他の方が作画されて
いる回の落差が激しいのが残念ですね
そういえばザブングルに出てくるゲストキャラでやたらとアジ演説が好きで
エエカッコしいのレジスタンスのリーダーで、カタカム・ズシムってキャラ
がいますよね。 次回にイラストを書機会があったらぜひ彼のイラストを
お願いします

ありがとうございます!

「ショウ・ザマ」ありがとうございます!
すばらしすぎる!
他の作品も!

髪のハイライトは先生が元祖ですよね。
当時斬新で、いつも教科書やノートにまねして書いてました(色鉛筆使用!)


最近のアニメはどこの国の人だろうと思う髪の色やハイライトで。なんでもありで節操がないような、、。
ダンバインは異世界が舞台だったのでとてもマッチしていました。
ともあれ、「達」に期待します。
「ヤマト」の作画で激務の中ありがとうございました!

はじめまして。
ジロンが当時よりさっぱりした感じがしますね。
テクノも懐かしいです。
お忙しい中描いてくださってありがとうございます。
個人的にはカーシャとか富野さんの女の子たちも見てみたい・・・ごめんなさい。失礼しました(汗)。
ハイライトをなぜ描くのかをきちんと考えないといけないのですね。以前おっしゃってた髪の毛の色についてのお話にも通じますね。猛反省です。

これからもお仕事頑張ってください。

まぁ

その体制が傲慢な(笑)
作品も公開から今年で早25年・・・って四半世紀
当時ちょうど今頃の時期だったか
各アニメ雑誌で総作監決定発表だったのは・・・
そろそろ時効だから
いーでしょ?
最初その作品の原案スタッフ名観た時は
その原案漫画家のキャラデザインになるのかナァ・・と
思っていましたが
ソコらあたりどーなんでしょ?
8月公開でキャラデザ依頼を受けたのが二月というハナシを聞いた覚えがあるのですが・・・
ただ個人的にはフネに乗り込む際のPV風シーンは今見ても斬新でカッコいーのでDVDで繰り返し観てます

全てがすごすぎて声もでません(笑

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム