プロフィール

TO|||O

Author:TO|||O

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
東映アニメーション研究所

先週と今週(結局、そう簡単にいかず)の2週にわたってしまった。
私の基本歩きを除いた歩き創作。

歩きは、先ず基本的に、上下運動(歩幅によって変化)、左右運動(重心移動によるもの)、動きのツメ(微妙だが速さが決定される)の3大ポイントが、基本としてある。
そこに、細かな感情の為の動きが多々加わる。
どの部分を間違えても、人間の歩きにはならない。
人間が描く、人間の運動なのだが、実際アニメーターとして仕事に携わっている人達の中で、どれ程正しく理解されているか、疑問である。
(おそらく、かなり低いパーセントであろうと思われる。)
その為に、学校であったり、機会あるごとに教えてはいる。

今回の、私の基本歩き外の歩き。
つまり、より感情が伝わる歩きの学習である。
例えば、力強い歩き(勇気)、弱々しい歩き(落ち込み)、盗人歩き(音をたてない)等々。
基本歩きの3大ポイントが変化してくる場合があるからで、人間はまさに、多種多様の歩きをしているものなのだということを知ってもらう為。
指摘をするたび、頷いたり、歓喜したりの姿は実に微笑ましい。
授業が一年を切った生徒達。
学びは始まったばかり。
教学の道を前進せよ!

<< ある日々のTO|||O 6月28日 | ホーム | ある日々のTO|||O 6月3日 >>

コメント

Re: 山縣昌景 様

コメントありがとう!

そうですね、経験年数は長いが、作画理論を理解されてる人が少ない。
残念です。

確かに、若い頃は豊満な女性を描いていました。
オレの描く女を超えてみろ!
と、挑発するかのように、本当のところは、いい女を描きたかっただけ。

いまでは、どんな体型の女性も描けます。

私個人の好みは体型に非ず。

まあ何事も基本が大切って事ですよね
東映アニメーション研究所の生徒さん
達は、作画技術に関しては業界随一
の方に教わっているのだから幸運
ですよね。ベテランの方でも
湖川さんの作画法も手本にしている
人がいるくらいだから。
ところで湖川先生が書く女性キャラって
豊満なナイスバディのな体の女性が
多いですが、やっぱりそいいう
女性が好みなんですか?

Re: かわばたみづき 様

コメントありがとう!

その通りと感じます。

趣味、結構です。
ものごと興味から始まり、発見へつながるのです。

Re: mots(もっつ) 様

コメントありがとう!

私も、同感です!

Re: 白蘭花 様

コメントありがとう!

そうですね。
アニメーターは、一つの技術だけでは成り立たない複雑さを持っています。

出来るだけの事はする覚悟です。

最初のうちは厳しくかつ難しく感じそうですが、わかり始めるとアニメだけでなく普通に生活している中でも創造の幅が広がって人生が楽しくなる感じがしますね。

私はまだ最初の段階でつまずいてますが・・・(絵は趣味で描いている程度です)。

奥が深い!

動きに感情をのせると、歩きひとつをとっても色々な要素がからんでくるのですね~なかなか難しい・・・。
でもこんな風に若いうちに悩んで考えておけば将来役に立つ財産になるのは間違いなさそう!
日本のアニメ業界をしょって立つ生徒さん達、面白いアニメを作るために頑張ってください^^

なんというチカラ強い御言葉^^

未来のクリエイターさん達のキラキラとした瞳の数だけ、湖川さんから巣立っていく果てしない可能性が楽しみです^^

どうかその次の世代~ずっと先の未来の人材まで湖川さんが見守り育て上げてください!


コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム